おすすめアイテム

HHKBに使うなら分離型パームレストがオススメな理由【結論:用途が広い】

尊師スタイルでもトラックパッドが使える

 

パームレストは、分離型の方がええ。

 

分離型パームレストの使い心地ってどんな感じ?

この記事は、そんなあなたに向けて書いています。

 

この記事を書いた人

・書くことが好きなアラサー社会人(♂)

・HHKB2台を使って毎日文字入力している

・HHKB用パームレストは「シングル型」「分離型」の両方を試した

 

HHKBに使うパームレスト、どれにするか悩みますよね。

 

いろんなメーカーから出てるし、「シングル型」と「分離型」の2種類ある。

安い値段でもないし、気軽に両方試すわけにもいかない…

 

そんなあなたのために、僕がバード電子から出ている2種類のパームレストを実際に使って試してみました。

 

結論から言うと、「分離型」がオススメ。

 

ギモンドリ
ギモンドリ
なんで分離型がいいの?

 

理由は、1個あれば幅広い使い方ができるから。

 

たとえば、HHKB2台で左右分割タイピングするときにも大活躍してくれます。

 

この記事では、分離型パームレストの使い方、リアルな使用感、メリットとデメリットについてお伝えしていきます。

福ねこ
福ねこ
最後までよろしくね。

商品概要

僕が買ったのは、バード電子の『セパレート型ウッドパームレスト

このパームレストの概要は下記のとおり。

バード電子とは

バード電子は、1983年設立の産業用電子部品メーカー。

HHKBのアクセサリー商品を数多く開発しています。

せつやくま
せつやくま
元々はバード電子が勝手にHHKB用のキーボードルーフを作ってて、それが売れたのをきっかけに、HHKBをつくっているPFUから声がかかって、共同で商品を開発するようになったらしいよ。(参考サイト)

最大の特徴

分離型パームレストの特筆すべき点は、「自由な配置ができるところ。」

キーボードに対して、パームレストをベストポジションで置くことができます。

価格

税込価格:5,280円

素材は上質な木材

素材には家具などに使用される無垢のウォールナットが採用されています。

天然木材が使用されており、1つとして同じ木目のものはありません。

 

ウォールナット材の特徴は?

・耐衝撃性に強い

・木肌が美しい

・狂いが少ない

・使い込むと味が出てくる

(参考:無印良品公式サイト『ウォールナット材について教えてください』)

 

高さ調節できるゴム足が付属

Low(2mm)とHigh(4mm)の2種のゴム脚が付属していて、好きな高さで使用できます(ゴム脚はパームレストひとつにつき4個×2種類、計16個が付属)。

それぞれのゴム足をつけた場合のパームレストの高さは以下のとおり。

 

Low(2mm)…15.5mm

High(4mm)…17.5mm

 

highのゴム足をつけた場合highのゴム足をつけた場合

ちなみに、HHKBのフロント部分の高さは20mmです。

 

大きさ

横90mm、縦80mm。

安心して手のひらを預けられるサイズです。

正直、「買う前は、「ちょっと小さすぎない?」という印象でした。

 

実際に使ってみると、手がはみ出して滑り落ちることもなく、使用中それが心配になることもありませんでした。

 

 

分離型パームレストの使い方

基本的な使い方はカンタン。

 

まず、底面に、LowかHighのゴム足を貼りましょう。

 

「BIRD」と「HHKB」のどちらが表か、という決まりはありません。

好きな面を表にしましょう。

 

「HHKB」の面を上にして使う人が多いみたいですが、僕は「BIRD」の面を表にしています。

 

 

キーボードに沿って、置きたい場所に設置しましょう。

あとはパームレストに手を預けてタイピングするだけです。

分離型パームレストのメリット

BIRD電子の分離型パームレストを実際に使ってみて感じたメリットをお伝えします。

一言で表すと、「幅広い使い方ができる」

1つずつ見ていきましょう。

 

尊師スタイルに使える

ノートPCのキーボードに重ねるようにHHKBを設置するのを『尊師スタイル』と呼ぶみたいですね。

 

『尊師スタイル』でシングル型のパームレストを使うと、トラックパッドがふさがってしまいます。

しかし、分離型であれば、ちょうどトラックパッドを使うスペースができます。

 

尊師スタイルでもトラックパッドが使える尊師スタイルでもトラックパッドが使える

 

プログラマーとして有名で、一部のファンから「尊師」と崇められていたリチャード・ストールマンという人がいます。

『尊師スタイル』は、彼がノートPCの上に外部キーボードを乗せて使用していたことに由来します。

 

シングル型よりコンパクト

分離型パームレストを2つ並べたときの長さは、シングル型の3分の2。

 

パームレストの長さ比較パームレストの長さ比較

見た目の圧迫感が減って、持ち運ぶときもカバンの中のスペースを取りません。

使わないときは、2つ重ねて置くと机の上で場所を取りません。

重ねるとめっちゃコンパクト重ねるとめっちゃコンパクト

真ん中にトラックパッドを置ける

『尊師スタイル』ではなく、ノートPCをスタンドに置いて使う場合の話です。

前述のとおり真ん中にスペースが生まれるので、2つのパームレストの真ん中にMagic Trackpadを置けちゃう。

 

真ん中にMagic Trackpadを置く真ん中にMagic Trackpadを置く

 

ノートPC単体で使うときと同じ使い勝手を再現できます。

HHKB2台使いのときに便利

HHKB2台で左右分離タイピングをするときに大活躍してくれます。

1つのHHKBにつき半分のキーしか使用しないので、分離型パームレストならムダがありません。

HHKB2台で最強の左右分離キーボードをつくってみた!やり方とメリットを解説 この記事は、そんなあなたに向けて書いています。 作業環境のさらなる...

 

どんなキーボードにも合わせられる

HHKBのロゴが入ってますが、HHKBにしか使えないというわけではありません。

むしろ、どんなキーボードにも使えます。

 

Azioのキーボードに合わせるAzioのキーボードに合わせる

 

バード電子のシングル型はHHKBにピッタリの横幅でつくられており、他のキーボードに使うとズレてしまいます。

しかし、分離型パームレストなら、置く位置を微調整できるので、どんなキーボードにも対応できます。

 

木の感触が優しい

PCの周辺アイテムといえば、無機質な素材が多いもの。

だからこそ、このパームレストの木の温かみが良い。

 

 

癒されます。

1個のサイズがちっちゃいのもカワイイ。

 

 

汗をかいても気にならない

木製なので、使用中にかく汗をほどよく吸収してくれます。

クッションタイプと違い、汗が原因でボロボロに劣化することもありません。

HHKBと同じで、丈夫で長持ちします。

 

より楽にタイピングできる

HHKBはパンタグラフ型等のキーボードと比べて、本体に高さがあります。

なので、普通に使っていると、タイピングしているときもそうでないときも、手首に負荷がかかりやすい。

 

そこで、パームレスト。

 

パームレストで高さを補うことで、手首が自然な角度になります。

打たずに指を待機させる時間が長くても疲れません。

高いところから落とすようにタイピングするので、よりラクに文字入力することができます。

 

手を置く位置がブレない

1個あたりの面積がシングル型より小さいので、手首の位置が定まりやすくなるというメリットも。

トラックパッドの操作のためにパームレストから一度手を離したあとも、スムーズに定位置に戻すことができます。

 

分離型パームレストのデメリット

man sitting on chair covering his eyes

ここからは、実際に使って感じたデメリットをお伝えしていきます。

ロゴはいらない

 

BIRD面BIRD面

 

HHKB面HHKB面

両面に「HHKB」と「BIRD」のロゴが彫られています。

これは正直なくてもいいかな、と。

無地が好きな人もいるので、ロゴは片面だけにしてほしかったですね。

 

片方を失くすかもしれない

2個でワンセットなので、1つ失くすと通常の使い方ができなくなってしまいます。

気にしいな人は、常に「どちらかを失くすかもしれない不安」につきまとわれます。

ちょいお高め

この商品は、言ってしまえば、正方形にカットされた木片です。

4,400円は、人によっては高いと感じるかもしれません。

一応、似た商品で値段が安めなパームレストのリンクを↓に貼っておきます。


分離型パームレストはこんな人にオススメ!

ここまでの内容を踏まえ、分離型パームレストをオススメできる人の特徴は下記。

 

分離型パームレストがオススメな人

・HHKBをより快適に使いたい

・HHKB2台を左右分割で使いたい

・HHKB以外のキーボードにも使いたい

・できるだけ机を広く保ちたい

・パームレストは木製がいい

 

やはり、幅広い使い方ができるのが分離型パームレストのいいところ。

特に、HHKB2台で左右分割タイピングをするなら必須です。

まとめ

シングル型と分離型。

どちらか1つを買うなら、断然、分離型がオススメです。

 

・通常の使い方

・尊師スタイル

・左右分離タイピング

 

上記3つに対応できるのは、分離型パームレストだけですからね。

「良さそう!」と思った方は、ぜひ↓のリンクからチェックしてください。